止水してもなおらないトイレ水漏れ

トイレの水漏れも、いろいろな原因があり、状況によっても被害が違います。大きな問題になってしまうのは、タンクからの水漏れだけではありません。本体の損傷によって水漏れしてしまうような状況も、大きな損害につながります。陶器が割れてしまえば、二度と元に戻らない以上、トイレの交換も考えていかなければいけません。

■トイレの交換を考える水漏れ

陶器でできているトイレは、ひびが入って水が漏れてくることがあります。トイレとしては致命的な状況で、ここから直ることはありえません。陶器はひび割れてしまうと、戻すことができないからです。仮に補修材などでふさいだとしても、徐々に水が漏れていきますし、ひび割れも広がります。
トイレのひび割れは、止水して何とかなるものではありません。止水用の補修材を使って対処しようとするケースもありますが、どんな樹脂を使ったところで、陶器との伸び率も違います。温度の変化でひび割れも進んでいくため、根本的な解決を考えなければいけません。

■便器が割れる原因と問題

便器が割れる原因にもいろいろとありますが、携帯電話やスマートフォンを落とした衝撃で割れることが良くあります。他にもトイレの中に作った棚から物が落ちてぶつかり、ひび割れることも起きるでしょう。
便器が割れたことによって水漏れが起きる状況は、トイレの交換もしなければいけません。そのままにしておけば、使った水も流れだしてきます。状況を悪化させるだけで、衛生的にも問題も出てくるでしょう。時間とともに状況が悪化するため、早急な決断が必要です。

■まとめ
トイレの交換となれば、費用もかなり掛かることになります。便器がひび割れる状況は、何か大きな力がかからなければありえません。何か固いものを落としたり、地震などの力がかかったりしなければ、容易に起こることではないでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ