トイレの水漏れで大事になる排水管のパッキンの交換

トイレの水漏れの中でも、非常に大きな被害を出すのが、排水管側からの水漏れです。トイレ 水漏れの中でも、致命的な部類に入ってきます。排水管側の場合には、使っているパッキンを交換するだけでも相当な手間がかかるからです。素人では対応できるものではなく、専門業者の力を借りなければ直せない部類のトラブルになるでしょう。

■黒ずんで見えたら水漏れを疑ってかかる

トイレの排管は、便器の下にあります。便器の下から排水に直結していますが、そのままではどうしてもずれが生じるでしょう。わずかな隙間が生まれるため、何もしなければここから水漏れを起こしてしまいます。そこで、配管と便器で隙間ができないように、防菌のパッキンが使われており、水漏れしないように守っています。
パッキンですので、どうしても時間とともに劣化するのが問題です。床との取り合いが、黒ずんで見えるようになってきている場合は、パッキンとの継ぎ目から徐々に汚水が染み出している可能性があります。

■便器を取り外して交換する

排水管のパッキンを交換するためには、便器を取り外さなければいけません。パッキン自体も見えないからですが、便器を取り外すこと自体が大掛かりな工事になるでしょう。素人では簡単にできることではありません。タンクがつながっていれば外す必要がありますし、あとで復旧も必要です。手間だけではなく時間もかかることから、便器と床の間から水漏れを見つけたときには、専門業者に任せた方が良いでしょう。

■まとめ
トイレの水漏れの中でも、排水管からの水漏れは大変修理が難しい部分です。手間もかかりますし、時間も必要です。工具も部品もなければできないため、専門の業者でしか対応できません。手間がかかることから、これをきっかけに新しいものに交換するのも方法です。なかなか踏み切れないトイレの交換なのですから、チャンスとして捉えるのもいいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ