トイレの水漏れは止水栓を止めるところから

水漏れを起こしている状況には、必ず原因があります。水が流れ出してしまっている原因を突き止めるとともに、被害も抑えていかなければいけません。特にトイレのように、大量の水を抱えているところでは、水漏れは致命的な問題になってしまいます。トイレ 水漏れでは、水の供給も続いているため、供給される水を止めるところから始めていかなければいけないでしょう。

■被害を食い止めるところから

トイレの水漏れは、まず被害を拡大させないことが大切です。どこから漏れているのかを確認し、原因を見つけていかなければいけません。
タンクから漏れているときには、止水栓を締める必要があります。タンクの中に溜まっている水だけが漏れるならまだしも、漏れた分だけ水道から補給するからです。延々とと消費と供給が続くため、水漏れの被害も続いてしまいます。まずは、止水栓を止めてしまえば、処理ができるでしょう。便器の内部に水が流れているときでも、修理のめどがつくまでは、止水栓を締めるのも応急処置として適しています。

■止水栓から漏れるケース

止水栓から水が漏れてくるケースもあります。止水栓は、配管に対して取り付けられている部品であり、水漏れの原因の一つになるからです。ここは容易に交換できる部分ではありません。水を止めるとしても、元栓から締めなければ対応もできないでしょう。止水栓の交換や修理を行う場合は順番に対応しなければいけませんが、取り外しには専用の工具が必要になることもあります。ネジ部分の処理も必要になるため、専門業者に依頼した方が良いでしょう。

■まとめ
トイレの水漏れも大量に流れると、大きな損害を生じるでしょう。止水栓を締めるだけでも、対処ができるようになっていきます。焦って対処しないでもゆっくり対応できるはずです。正確な対応をするためにも、焦ってけがをしたりしないためにも、まずはトラブルが起きていないときに、止水栓の扱い方を確認しておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ