ウォシュレットが絡むトイレの水漏れトラブル

どこのトイレでもウォシュレットは珍しくなくなりました。普及率は急激に伸びてきており、家庭だけではなく、公共のトイレでも取り付けられています。
ウォシュレットは、便利な存在で、清潔な環境も作ってくれますが、水漏れのトラブルには十分に気をつけなければいけません。ウォシュレット 水漏れには、特有の問題があるからです。

■ウォシュレットと電気

ウォシュレットが水漏れを起こすと、大きな問題になるのが電気を使っていることです。電気を使っているのにもかかわらず、水が漏れてしまえば、漏電する可能性が出てきます。漏電している際に、その水に触れれば感電するでしょう。家庭用の電源であっても、大きな怪我につながることが出てきます。条件によっては、生命にもかかわる問題です。水漏れのトラブルを見つけたときには、まずは電源を抜き、そこから対応を始めなければいけません。危険を回避できる状況にしてから、次に移らなければいけないでしょう。

■水が噴き出しているときも

トイレのトラブルは、どうしても水が絡んできます。ウォシュレットを使っているという条件では、近くにコンセントもあるでしょう。給水側で漏れだして吹き出しているときにも、電源があることを忘れてはいけません。ウォシュレット以外のところから水が漏れていても、感電することがあるからです。
水が漏れたときには、まずはブレーカーを落としてしまった方が良いでしょう。電気が流れなくなれば、感電リスクを抑えられるからです。安全な状況を作らなければ、修理どころではなくなってしまいます。

■まとめ
トイレには、大量の水があり、給水されている状況です。ウォシュレット内部でも高い圧力がかかったままになっているでしょう。ここに電気が組み合わされば、感電の危険性は高まります。修理する際にも、こぼれた水を片付ける際にも、電気だけは注意しなければいけません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ